クレジットカードの事故情報(金融事故)とは

クレジット審査での事故の扱い

クレジットカードは分割払いも出来ますし、その都度現金がなくても商品を購入できる便利なものです。支払いは確実に行うのが基本ですが、口座に残金が少なかったりした場合支払いをする事が出来なくなります。
その場合再度の支払いを求められたりするわけです。

クレジットカードでは事故情報がありますが、支払いを延滞した場合その情報が保存されてしまいます。
ここで疑問になるのがクレジットカードの事故情報(金融事故)とは?という問題です。支払いの延滞は一度でも延滞すると事故扱いになると思っている人もいますが、一回の延滞では事故情報となることはありません。
延滞が3ヶ月以上、61日以上の経過でクレジットカードの事故情報扱いとなります。

この事故情報に関してですが、個人情報信用機関にて保存ざれます。
こいったクレジット情報は契約期間中及び取引終了後5年間保存となっています。
毎月更新はされますので、もし支払いしていない場合は早めに支払いをしてしまう事が大事でしょう。

こういったクレジットカードの事故情報は、その後のお金を借りたりする際、大きなマイナスポイントとなります。実際クレジットカード会社としてもきちんと支払いをしてくれない人に、お金を貸すことはしたくないわけです。
また、マイホームのローンなどにもこういった信用情報は参考に使われています。
クレジットカード支払いは今ではどこでも使われている支払い方法です。
ちょっとした一回の支払いミスなどなら問題ないですが、きちんと計画立てた上で支払いができるように、返済していきたいですね。

そもそものクレジットカード発行に関しても、この信用情報は大切なポイントになります。
お金は借りたら返すものですが、現実的に返さない人もいます。
そういった人にお金を貸す信用も出来ないという事なのでしょう。
金融事故に一度なってしまうと、5年間は記録に残りますし、その間大きな買い物で支障をきたすかもしれません。信用の積み重ねはやはり大事なのです。

↑ PAGE TOP