信用情報を削除する方法

クレジットカード会社は審査の時に信用情報の照会を行います

クレジットカードの審査でクレジットカード会社がチェックするのは、個人の信用情報です。
信用情報は指定信用情報機関のCICで管理がされていますが、より正しく説明すると信用情報は保有しているだけで、CICは情報の内容は削除も訂正も出来ません。

あなたの信用情報ですが、あなたが信用情報を削除する方法はありません。
あなたの信用情報はクレジットカード会社や消費者金融が利用する情報として指定信用情報機関のCICに保有されているだけなのです。

ですから指定信用情報機関のCICでも信用情報は削除・訂正などは出来ません。
情報の内容が事実であれば、登録元の会社も訂正や削除が出来ないのです。

あなたが自分の信用情報をチェックし、事実と違う点を発見した場合には、その情報の登録を行った登録元会社にあなたから問い合わせを行う必要があるのです。

例えば、クレジットカード会社へクレジットカードの申込を行い、審査に落ちる場合があります。
支払い延滞の記憶などもなく、審査に落ちる覚えがない場合には、指定信用情報機関のCICへ申請を行い信用情報の開示を求めることができます。

指定信用情報機関のCICは、クレジットカードの審査を行う機関ではありませんが、クレジットカード会社はCICに保有されている信用情報を照会して、クレジットカードの審査を行います。
例えば、クレジット情報で本人を識別するための情報の中のひとつ、勤務先名、勤務先電話番号、公的資料番号なども審査の際には必ず申込の内容と同様かどうかのチェックを行います。

あなたが、新しい職場に転職をして、以前に作ったクレジットカードの会社に勤務先変更の届け出を行っていない場合などは、信用情報にある勤務先名、勤務先電話番号などが、申込みを行っている勤務先名、勤務先電話番号と違うということになります。

勤務先等は重要な審査ポイントになりますので、この件が理由で審査に通らない場合があるのです。

参考リンク:外資系のクレジットカードはブラックに甘い?
http://dragon.xrea.jp/page1.html

↑ PAGE TOP