CICとは何か

CICはクレジット審査の要

クレジットカードは個人の生活に密着していますし、あると非常に便利なものです。
カードを所有しているだけで、買い物の際割引してくれる会社もありますし、ポイントが蓄積されることでマイルや他の会社のポイントに移行させ、使う事も出来ます。
毎月のように消費されるコストはありますし、日常的にポイントを蓄積していくことでかなりのポイントになりますね。

さて、このクレジットカードですが発行の際審査を必要とします。
実際クレジットカードにはキャッシング機能もありますし、相手の身元を確実にすることは必須となっています。
その中で個人情報はデータベース化され、審査の参考にされています。
その審査の際、CICの情報は非常に重要視されています。

このCICとは何か?というと、クレジットカードの発行履歴から始まり、一定機関の利用履歴を蓄積している情報機関です。
正式名称は割賦販売法・貸金業法指定信用情報機関と呼ばれるものです。
ちなみに自分の情報が何故勝手に登録、保管されているのか疑問に思うかもしれません。
ですが、クレジットカードを発行する際に個人情報信用機関の利用・登録に関して同意した事になっています。
その為、クレジットカードを使った際は自動的に収集されていくわけですね。
要するに個人信用情報機関に情報を登録されたくない場合は、クレジットカードの使用をしなければいいという事になりますね

またCICには自己破産した情報は記録されない事となっています。
とはいえ、自己破産した場合今まで借りた金額が免責されます。
その為、クレジット会社より免責可決決定の報告がきます。
結果的に事故破産したとわかります。こういった情報の保存機関は5年間となっています。この5年間という数字は免責可決決定が確認できた時点や会社によるコメントが登録された日が起点となります。

自己破産した場合、5年間はカード保有出来ないのも、これが原因のようです。
個人情報を保存されるとはいえ、データベースとしてのCICは便利な機関です。
自分の信用の積み重ねも示してくれますので、活用出来るようにしていきたいですね。

↑ PAGE TOP